糖尿病を改善したい人のためのサイト

インスリンQ&A

インスリン療法、インスリン注射についてのよくある不安や質問などを、Q&A方式にまとめました。インスリン療法を考えている方は参考になさって下さい。

 

インスリン注射は、

一度始めてしまうと一生終わることができないのですか?

1型糖尿病の方はインスリンの分泌がない場合が多く、インスリンの注射は命に関わります。
2型糖尿病の方はインスリン療法により、すい臓を休めることで、インスリンの分泌がしやすくなり、注射の回数や量を減らす事が可能です。

 

早めにインスリン療法に切り替えることで、経口薬の効き目がよくなり、経口薬だけの治療に戻れたり、経口薬の量が以前より少ない量で、血糖をコントロールできるようになる場合もあります。

 

インスリン注射のために

通勤、通学など生活スタイルに影響はありますか?

1型糖尿病の方は、インスリン療法に合わせるというより、自分の生活スタイルに合わせてインスリン療法を取り入れることができます。

 

2型糖尿病の方は、血糖コントロールの状況にもよりますが、担当医と相談して無理なく継続できるインスリン療法を選択することができます。

 

インスリン製剤の保管の注意点を教えてください。

大切なのは温度に気をつけることです。
未開封のインスリン製剤は冷蔵庫に保管しておきます。
冷蔵庫の扉ポケットは4℃前後ほどなので、保管場所としておすすめです。

 

冷凍庫の保管は避けましょう。インスリンは凍結させると活性が低下してしまいます。
また、開封して使用中のものは室温の保管でも問題ありません。

 

気を付けなければいけないのは、旅行や外出時、炎天下の車の中などの高温・直射日光は避けることと、飛行機に乗る時は機内に持ち込んでください。

 

副作用はありますか?

「低血糖」が最も多い副作用です。次のようなときに低血糖が起こる可能性があります。

  • 空腹時にインスリン注射をした。
  • 食事量が普段より少なかった。
  • 食事の時間が普段よりも遅くなってしまった。
  • 食事と食事の間があきすぎた。
  • いつもより運動量が多くなった。
  •  

    ◆低血糖の症状

     

    ・異常な空腹感・だるさ・手の震え・動悸・冷や汗など

     

    低血糖を起こしたら、すぐにあめなどを摂って下さい。
    他には10g程度のブドウ糖や、ブドウ糖の入ったジュース、これらは念のためいつもバッグなどに入れて携帯しておくと安心です。
    また、家族や周りの人達も、低血糖に対する注意事項や対処法を理解しておくことが大切です。

     

    低血糖を起こしたら、時間帯、その日の食事内容、運動量などをメモしておき担当医に相談して、薬やインスリン注射の量や注意点などの指示を受けるようにしましょう。

自分で注射をするのは難しいですか?

1型糖尿病の患者さんは、小学生のうちから自分で注射しているケースがたくさんあります。
現在、主に使用されているペン型は操作が簡単です。
インスリン治療を始めるときは病院でも必ず指導してもらえるので大丈夫です。



関連ページ

糖尿病食事療法
糖尿病の治療のひとつに、食事療法があります。この食事療法こそ、糖尿病改善のための一番の特効薬です!
糖尿病食事療法のコツ
面倒で難しい食事療法、続けていくのはとっても大変そう…。これから、こんな憂鬱な気分の方に少しでも役立ってもらえるように簡単な糖尿病食事療法のコツをご紹介します。
糖尿病食レシピ
今回ご紹介するのは、糖尿病の方が上手に血糖値をコントロールして合併症を予防するのに役立つ献立です。血糖値をコントロールするポイントは?
コンビニ弁当を選ぶコツ
糖尿病でも便利なコンビニは利用したいですよね。でもコンビニ弁当だと、どうしても栄養バランスが悪くなりがち…。今回は血糖値を管理するために炭水化物を意識したコンビニ弁当を選ぶコツなどをご紹介します。
お酒の飲み方の注意点
糖尿病にアルコールはよくないと分かっていても、どうしても飲み会に参加しなければいけない場合も多いですよね。そういう時のお酒の飲み方の注意点をご紹介します。
糖尿病食事療法Q&A
糖尿病患者が食事療法を守らなかったらどうなりますか?糖尿病の人の食事療法の疑問点をまとめました。
糖尿病運動療法
運動療法は、食事療法・薬物療法とともに糖尿病治療・改善に向けての非常に有効な療法となります。
糖尿病運動療法Q&A
糖尿病は運動療法や食事療法で治るのでしょうか?運動療法に関しての素朴な疑問をQ&A方式にまとめました。
インスリン療法とは?
インスリンとは?インスリンとはすい臓から出るホルモンで、血糖値を下げる働きをします。

 
糖尿病について 糖尿病教育入院 糖尿病3大合併症 糖尿病対策・改善