糖尿病を改善したい人のためのサイト

糖尿病運動療法Q&A

運動療法Q&A


Q:糖尿病は運動療法や食事療法で治るのでしょうか?

A:残念ながら運動療法や食事療法で治ることはありません。進行させないために行います。治らないからといって、運動療法や食事療法をせずにそのまま放置していると、やがて恐ろしい3大合併症が発症し、失明、人工透析の日々、足の切断などの可能性が高まります。
頑張りましょう!

 


Q:糖尿病の運動療法や食事療法は実践する時間が長く、長続きしません。
もっと簡単に改善する方法はありませんか?

A:ありません。糖尿病は治す病気でななく、長く付き合っていくしかない病気です。運動療法や食事療法は、治療というより生活の一部として受け入れるようにした方がいいと思います。
このまま運動療法や食事療法を怠り放置していると、3大合併症などにより、もっと辛い生活をおくる事になります。なんとか続けていきましょう。

 


Q:糖尿病の運動療法は、毎日続けられる軽い運動が良いと聞きました。朝晩ウォーキングをやろうと思っています。夜は食後に行おうと思うのですが、朝は食事前にやりたいのですが、体調には悪いのでしょうか?

A:血糖値を下げるという意味では食後の方が良いとされています。食前などの空腹時は低血糖を起こしやすいので、避けた方が無難でしょう。

 


Q:運動が苦手なので、食事療法だけで取り組むことは出来ますか?

A:2型の糖尿病の方が、食事療法だけに取り組んでも体の脂肪は減りますが、糖尿病の改善効果は十分ではありません。食事療法と運動療法を合わせて行うことで、インスリンの働きやすさが改善し、血糖のコントロールが良好になります。さらに善玉コレステロールが多くなり、動脈硬化を予防することができます。

 


Q:運動療法を控えた方がいい場合はどんな時ですか?

A:以下のような場合は運動を控えるか主治医と相談して下さい。

  • 血糖値が高い。
  • ケトン体の出ている場合。
  • 最高血圧が180mmhg 以上
  • 風邪や熱、頭痛、腹痛、下痢など体調が悪い場合。
  • 肝臓の悪い場合。運動は肝臓に負担をかけます。
  • 糖尿病性網膜症で、運動をきっかけに眼底出血を起こしやすい状態の場合。
  • 腎臓病や糖尿病性腎症で状態の悪い場合。
  • 糖尿病性神経障害の重い病状の人。

    この場合の人は自律神経障害により、運動時に呼吸や脈が速くならず、血圧が下がったり不整脈がでる場合があり危険な事があります。

  • 運動中に動悸、胸痛、関節通、めまい、目のかすみや気分が悪くなった場合。


関連ページ

糖尿病食事療法
糖尿病の治療のひとつに、食事療法があります。この食事療法こそ、糖尿病改善のための一番の特効薬です!
糖尿病食事療法のコツ
面倒で難しい食事療法、続けていくのはとっても大変そう…。これから、こんな憂鬱な気分の方に少しでも役立ってもらえるように簡単な糖尿病食事療法のコツをご紹介します。
糖尿病食レシピ
今回ご紹介するのは、糖尿病の方が上手に血糖値をコントロールして合併症を予防するのに役立つ献立です。血糖値をコントロールするポイントは?
コンビニ弁当を選ぶコツ
糖尿病でも便利なコンビニは利用したいですよね。でもコンビニ弁当だと、どうしても栄養バランスが悪くなりがち…。今回は血糖値を管理するために炭水化物を意識したコンビニ弁当を選ぶコツなどをご紹介します。
お酒の飲み方の注意点
糖尿病にアルコールはよくないと分かっていても、どうしても飲み会に参加しなければいけない場合も多いですよね。そういう時のお酒の飲み方の注意点をご紹介します。
糖尿病食事療法Q&A
糖尿病患者が食事療法を守らなかったらどうなりますか?糖尿病の人の食事療法の疑問点をまとめました。
糖尿病運動療法
運動療法は、食事療法・薬物療法とともに糖尿病治療・改善に向けての非常に有効な療法となります。
インスリン療法とは?
インスリンとは?インスリンとはすい臓から出るホルモンで、血糖値を下げる働きをします。
インスリン療法Q&A
インスリン療法、インスリン注射についてのよくある不安や質問などを、Q&A方式にまとめました。インスリン療法を考えている方は参考になさって下さい。

 
糖尿病について 糖尿病教育入院 糖尿病3大合併症 糖尿病対策・改善