糖尿病を改善したい人のためのサイト

糖尿病性神経障害と足

糖尿病と足の関係

糖尿病と足は非常に強い関係があります。それはどうしてでしょうか?
糖尿病神経障害の自覚症状は個人差があり、足がチクチクしたりビリビリ程度の痛みから、針山を踏んだような激痛や、常に足に紙でもくっついているような感覚など様々です。

 

しかし、本当に危険なのは「何も感じない」ということです。画びょうを踏んでも気が付かない、怪我や火傷を負っても気が付かづに放置してしまいます。

 

糖尿病で高血糖の状態が続くことで、神経障害のほかに動脈硬化などによる血液の流れに障害がおこりやすくなり、体の末端である足の先などに血液が流れにくくなり、同時に栄養や酸素が届きにくい状態になります。そのため、細菌などに感染しやすくなり、傷口が化膿しやすくなったり、治りも遅くなります。

 

以上のことから足は手などに比べて目が届きにくいので、普段から足をよくチェックし手入れをする必要があります。

 

足の手入れの重要性

糖尿病の人が足の手入れを怠ると、どうなってしまうのでしょうか?
糖尿病の人は神経障害のために感覚が鈍くなっているために、怪我などに気がつくのが遅くなったり放置してしまううえに、血流障害があったり抵抗力が低下しているために、気がつくと化膿するケースがあります。

 

そしてさらに壊疽(えそ)にまでなってしまいます。壊疽の治療は場合によっては足を切断しなくてはならなくなります。足を切断すると、日常の生活に大きく影響してきます。

 

このように、健康な人には簡単に治る怪我でも糖尿病になってしまうと想像以上に悪化しまうことがあるのです。

足の手入れが特に必要な人
  • 透析治療を受けている。
  • 足や足の指が変形している。
  • 神経障害や血流障害がある。
  • 網膜症などで視力が低下しているため、自分で足をチェックできない。
  • 一人暮らしなどで周囲の人が気づく機会の少ない方。
  • 以前に足の潰瘍や壊疽となったことがある。

 

足の手入れの方法

足をよく観察する
  • 毎日明るく見える場所でチェックする。
  • 足の裏は手鏡でみたり、

    視力の低下している場合は周りの人に見てもらうようにする。

  • 小さな傷、タコ、魚の目、水虫、爪の伸びすぎなどこまめにチェックする。

 

入浴時の注意点
  • 神経障害があると足は熱を感じにくくなっているため、熱い湯で火傷をする可能性があるので湯船に入る前は手で湯加減を確認する。
  • 肌を傷つけないやわらかいタオルやスポンジで足の裏や指の間もていねいに洗う。
  • 肌がふやけてしまうと傷つきやすので、長風呂は避ける。
  • 入浴後はクリームなどをぬって肌を保湿する。

 

爪の手入れ方法

神経障害があると巻き爪が食い込んでも痛みなどを感じにくかったり、伸びた爪で傷がつくこともあるので、こまめに手入れしましょう。入浴後は爪が柔らかくなっているため切りやすいです。また、深爪にならないように注意しましょう。

 

爪の水虫はかゆみがなく、見た目ではわかりにくので注意が必要です。放置すると爪が厚くなり、変形したり割れやすい状態になって怪我の原因にもなります。早めに治療して足を清潔に保ちましょう。

糖尿病性神経障害と足に関しての注意点

日常生活での注意点

足にフィットした靴を選ぶ

靴が足に合っていないと靴ずれを起こしやすく、血管を圧迫したりします。
蒸れやすい素材の靴だと水虫を起こしやすくなります。
足を健康に保つために靴選びには注意しましょう。

正しい靴の選び方・履き方
  • 足のサイズに合ったもので、つま先があたらないゆったりした靴を選ぶ。
  • 一か所に体重がかかるヒールの高いハイヒールなどは避ける。
  • 靴底がクッション性になっているウォーキングシューズがおすすめ。
  • 夕方は1日の中で最も足が大きくなるため、それを基準にサイズを選ぶ。
  • 新しい靴は徐々に慣らしてから長い時間履くようにする。
  • 靴の中に小石などの異物が入っていないかを確認してから履く。

 

素足を避けていつも靴下を履くようにする

けがを防止するために常に靴下を履きましょう。

正しい靴下の選び方・履き方
  • 毎日履きかえて清潔を保つようにする。
  • 出血など異常に気付きやすい白色のものを履く。
  • 足を締めつけすぎないものを選ぶ。
  • 通気性のよい素材(ウールか綿)のものを選ぶ。
  • 雨などで濡れた時はすぐに履きかえて蒸れないようにする。

 

やけどに注意

神経障害のため、痛みだけではなく熱にも感覚が鈍くなっています。
ホットカーペットやこたつなどで長時間温まっていると、低温ヤケドを起こしてしまいます。
また、真夏に直射日光で激しい日焼けや、海水浴場で砂浜を素足で歩くのも危険です。

 

清潔を保つ

汚れや汗をそのまま放置せず、なるべく清潔にしましょう。夏は多湿により雑菌が繁殖しやすく、冬は乾燥により肌荒れなどで傷が付きやすい状態です。小さな傷から化膿したりしないように注意が必要です。

 

禁煙をする

糖尿病と診断されたら禁煙をしましょう。たばこに含まれているニコチンは血管を傷つけたり収縮させたりします。たばこを吸う事でさらに血流障害が悪化します。

 

足に異常が見つかったら

足に傷がみつかったり異常に気が付いても、痛くないからといって放置するのは大変危険です。糖尿病による足の異常は、短期間でとても早く進行してしまいます。昨日は大したことなかった傷が今日見てみたら真っ黒…、なんていう事にならないように、早めに対処しましょう。すぐに消毒などの応急手当をしたら、早めに病院に行きましょう。

 

また、昔からあるタコや魚の目なども自分で削ったりすると、傷になってしまい大変危険です。糖尿病になってしまうと、自然治癒力が低下しています。放っておいて治ると思うのは大変危険です。早めに病院に行きましょう。



関連ページ

糖尿病性神経障害
糖尿病の3大合併症の一つに「糖尿病性神経障害」があります。3大合併症の中で最も早く出現してきます。
糖尿病性網膜症
糖尿病の合併症の一つ、糖尿病性網膜症があります。失明に至る場合もある病気で、近年では日本の中途失明の原因の第2位を占めるまでに。
糖尿病性網膜症の手術
糖尿病性網膜症のレーザー治療、硝子体手術の体験談をQ&A方式にまとめました。
糖尿病性腎症
糖尿病の合併症のひとつに「糖尿病性腎症」があります。糖尿病患者の3分の1がこの糖尿病性腎症を発症しています。
人工透析体験談
糖尿病性腎症による人工透析治療に関してのQ&Aをまとめました。

 
糖尿病について 糖尿病教育入院 糖尿病3大合併症 糖尿病対策・改善