糖尿病を改善したい人のためのサイト

糖尿病性神経障害

糖尿病性神経障害とは?

糖尿病の3大合併症の一つに「糖尿病性神経障害」があります。
3大合併症の中で最も早く出現してきます。

 

糖尿病になり長い間高血糖の状態が続くと、細い毛細血管がダメージを受けもろくなります。末梢神経に血液を運ぶ毛細血管がボロボロの状態なので、十分な栄養と酸素が運ばれなくなり神経に悪い影響がおよびます。

 

糖尿病性神経障害には末梢神経障害と自律神経障害に大きく分けられます。

 

末梢神経障害とは?

末梢神経は温度や痛みなどを感じる感覚神経と、手や足などを動かす運動神経があります。
高血糖が長い間続くと感覚神経から症状が出てきます。手や足の先がじんじんしたり、痛みやしびれ、虫が這っているような知覚異常が現れます。

 

さらに進行すると運動神経にも症状が出てきます。筋肉に力が入りにくくなったり、顔面神経麻痺や目を動かす神経の麻痺が生じて物が二重に見えたりするようになります。
痛みなども感じにくくなり怪我や火傷をしても気づくのが遅く、それが原因で壊疽を起こして足の切断などという重大な事態を招く事もあります。

 

自律神経障害とは?

自律神経は呼吸、体温調節、消化、分泌、生殖などの機能を調節しています。その自律神経に障害が生じて胃もたれ、便秘、下痢、立ちくらみ、排尿困難、インポテンスなど様々な症状が現れます。
また低血糖が起こった場合の動悸や発汗などの症状が出現しなかったり、心筋梗塞が起こっても痛み気が付かず重症化することもあり大変危険です。

 

糖尿病性神経障害に伴う痛みやしびれの特徴

  • ズキズキ、チクチク、じんじん、ひりひりするような痛みやしびれ。
  • 針で刺すような痛み。
  • 電気が走るような痛み。
  • 焼けるような痛み。
  • 温感、冷感など感覚の低下。
  • 足に違和感。

    (布団や石の上を歩いている、足の裏に紙がくっついているような感じなど)

糖尿病性神経障害の治療・注意点

  • 血糖値のコントロール。
  • 手足を普段からよく観察し怪我などに注意。
  • 靴擦れをしないように足にあった靴を選ぶ。
  • こたつや風呂の温度など、火傷に注意。
  • 血行をよくするため手足のマッサージをする。
  • 禁酒・禁煙。
  • 異常に気付いた時点ですぐに医師の診察を受ける。

 

糖尿病性神経障害に伴う痛みやしびれは、糖尿病をそれ以上進行させないために、食事、運動、薬などで血糖値をコントロールすることが基本です。
その後、薬を使用して神経障害の治療を行います。
マッサージや就寝前の入浴なども症状を和らげる効果があります。



関連ページ

糖尿病性神経障害と足
糖尿病と足は非常に強い関係があります。それはどうしてでしょうか?
糖尿病性網膜症
糖尿病の合併症の一つ、糖尿病性網膜症があります。失明に至る場合もある病気で、近年では日本の中途失明の原因の第2位を占めるまでに。
糖尿病性網膜症の手術
糖尿病性網膜症のレーザー治療、硝子体手術の体験談をQ&A方式にまとめました。
糖尿病性腎症
糖尿病の合併症のひとつに「糖尿病性腎症」があります。糖尿病患者の3分の1がこの糖尿病性腎症を発症しています。
人工透析体験談
糖尿病性腎症による人工透析治療に関してのQ&Aをまとめました。

 
糖尿病について 糖尿病教育入院 糖尿病3大合併症 糖尿病対策・改善