糖尿病を改善したい人のためのサイト

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症とは?

糖尿病の合併症の一つ、糖尿病性網膜症があります。
失明に至る場合もある病気で、近年では日本の中途失明の原因の第2位を占めるまでになり、糖尿病患者の方にとっては他人事ではありません。

 

糖尿病は全身の血管がボロボロになってしまう病気ですが、糖尿病性網膜症は網膜の血管、とくに毛細血管の病気です。毛細血管が拡張して血管壁が薄くなったり、こぶができたり、詰まったりします。
個人差はありますが、以下のような段階を経て進行していきます。

 

単純網膜症

まだ自覚症状がない、もっとも初期の段階です。網膜の毛細血管が膨らみ、小さなこぶができます。白斑が出てきたり、小さな出血が起こったりします。

 

増殖前網膜症

単純網膜症で起こった網膜の出血や白斑が増えます。網膜の細小血管が拡張したり、血液の流れが途絶えたりしてとても危険な状態です。
ここまで進行しても、まだはっきりとした自覚症状は起こりません。

 

増殖網膜症

視力低下や見える範囲が狭くなる視野狭窄という自覚症状が出てくる末期の段階です。
血液の流れが滞ってしまい、そのために新生血管という未熟な血管ができます。
網膜が剥がれてしまったり、網膜の前にある硝子体に出血が起こったりします。

 

糖尿病性網膜症の治療方法

糖尿病性網膜症は完全に治すことはできません。
治療は症状の進行、悪化を防ぐために行われます。

 

初期段階

糖尿病自体の治療と同じく、血糖コントロールが重要です。

 

中期段階

新生血管ができるのを防ぐために、レーザーで眼底を焼く「レーザー光凝固術」が行われます。

 

末期段階

併発した網膜剥離の外科治療などを行います。

 

進行した網膜症に有効性が確認されているにはレーザー網膜光凝固術硝子体手術があります。薬物治療もありますが、網膜症が進行してしまっていては、あまり効果は期待できません。

レーザー光凝固術

レーザー光凝固術は、網膜にレーザーを照射し、新生血管の発生を防ぎます。また出血や白斑の治療もできます。
進行を阻止することが目的で、失明予防ではありますが視力の改善ではありません。
外来通院で治療が可能で、点眼麻酔をして1回15分〜30分程度の時間で終了します。進行の段階によって、数回に分けて治療をします。

硝子体手術

レーザー治療で網膜症の進行を予防できなかった場合や、すでに網膜剥離などが起こった場合に行います。
眼球に3つの穴をあけて手術器具を挿入し、剥離した網膜を元に戻したり、目の中の出血や増殖組織を取り除いたりするものです。とても高度なレベルの手術となります。

 

糖尿病の診断を受けた人は、自覚症状がない場合でも眼科を受診して定期的に調べておくことで、糖尿病性網膜症の予防につながります。



関連ページ

糖尿病性神経障害
糖尿病の3大合併症の一つに「糖尿病性神経障害」があります。3大合併症の中で最も早く出現してきます。
糖尿病性神経障害と足
糖尿病と足は非常に強い関係があります。それはどうしてでしょうか?
糖尿病性網膜症の手術
糖尿病性網膜症のレーザー治療、硝子体手術の体験談をQ&A方式にまとめました。
糖尿病性腎症
糖尿病の合併症のひとつに「糖尿病性腎症」があります。糖尿病患者の3分の1がこの糖尿病性腎症を発症しています。
人工透析体験談
糖尿病性腎症による人工透析治療に関してのQ&Aをまとめました。

 
糖尿病について 糖尿病教育入院 糖尿病3大合併症 糖尿病対策・改善